プロフィール

最新記事

仲間達

カテゴリ

最新コメント

英単語2択クイズ

カウンター

FC2アフィリエイト

Accomplishment

目標達成!! 小さなことから大きなことまで 目標とその進捗状況を綴ります!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

焼岳 登りました(別視点から) 

10月11日焼岳に行ってきました。

既に嫁さんのブログで報告されてますんで、僕は軽く別視点で
アップしときます。

登山口にて
P1010682.jpg

自然を堪能し
P1010714.jpg

歩き続け
P1010745.jpg

ちょっと腰を下ろしますか
P1010786.jpg

嫁が騒ぐ
P1010783.jpg

気分を取直して
P1010834.jpg

焼岳小屋着
P1010842.jpg

ここから1時間で頂上


センターに憧れのジャンダルム
P1010891.jpg

最後のひとふんばり!!
P1010903.jpg

頂上ーー!着!  ・・・んっ!?
P1010938.jpg

んっーーー!?赤い彗星?
P1010939.jpg

たまにふと 硫黄の刺激臭が思い出される
P1010949.jpg
スポンサーサイト

PAGE TOP

双六岳 

今日は せっかくの休日でしたが朝から雷雨で近場の低山にも
行けませんでした。

今年行った山をアップしておこうと思います。

お盆に槍ヶ岳へ行く予定でしたが、あいにく天気が思わしくなく、
新穂高温泉から槍平小屋経由の登山道は、雨が降ると小川が激流に
変わり、通行不可の可能性があったので 急遽 双六岳に変更しました。

新穂高温泉駐車場から・・・正午頃自宅を出発 4時半ココを出発
2010.8.15~17 001

登り口付近
2010.8.15~17 010

登り口からしばらくすると、その名の通り涼しい風が吹き出てました。
2010.8.15~17 013

朝までの雨の影響で川は激流です。
2010.8.15~17 014

約1時間でこの日の目的地 わさび平小屋に到着です。
テント泊するつもりでしたが、また大雨が近づいていたのと、
小屋泊にゆとりがあるとの事で、こちらでお世話になりました。
お風呂もあったので助かりました。
2010.8.15~17 032
外ではこんなものが・・・ そそる~
2010.8.15~17 030
2010.8.15~17 028

翌朝、天気の回復を祈りながら出発です。しばらく平坦な道が続きます。
2010.8.15~17 042

しばらくすると、登りが見えてきました。この近くに自転車が停めてあったので、
帰りにココから自転車で下っていくんだろうと・・。その作戦いいなあ。
2010.8.15~17 045

わさび平から約1時間半? またまた激流です。涼しかった~!
2010.8.15~17 049

鏡平で槍ヶ岳を拝むつもりでしたが、ガスが晴れず・・・。その先の弓折乗越から
弓折岳です。一時ガスが晴れました。
2010.8.15~17 067


弓折乗越からは約1時間の縦走で双六小屋に到着します。
その道中、
2010.8.15~17 072
癒されながら・・・

ようやくこの日の目的地、双六小屋です。
2010.8.15~17 082

ここでテント泊です。晴れそうで晴れない。
2010.8.15~17 084

結局晴れることなく、もう一泊も考えましたが、あまりの暇さ加減に
下山決定。来年再チャレンジ!!!
2010.8.15~17 143

鏡平、双六からの展望は本で見る限り最高の景色が待っているはず・・。
来年制覇するぞ!!

PAGE TOP

爺が岳へ行ってきました。 

爺が岳へ行ってきました。

18,19,20日の3連休でしたが、金曜の夜が仕事で遅くなったので、
18日の夜出発して登山口で車中泊し、翌朝から一泊二日でテント泊する事としました。

駒ケ根SAの手前辺りで奥様の度肝を抜く大声が車中にこだましました。
『・・・あ”---っ! ガス忘れたかも!!』

おいおい、マジかよっ

駒ヶ根SAで車を停め、確認作業。

・・・忘れた。 テント泊でガス忘れた・・・。
テント泊だけど山小屋で食事か・・。食材置いて行けるから軽くなって
良かったと思うしかない・・・。

・・・ちょっと待てよ。確か早朝から営業してるショップが豊科
にあるって本で見たような。早速検索・・・。

あった~!8月まではAM4時、9月はAM6時オープン。
穂高駅前のバックカントリー穂高店!
急遽予定変更で、梓川SAで車中泊して早朝お店に
行く事しました。
2010.09.19~20 002
よかった~。有難うバックカントリー!!

さ~てようやく爺が岳登山口です。
2010.09.19~20 010

天気が良い!!
2010.09.19~20 031
2010.09.19~20 081

こんな所もありました。見た目は危険ですが、現場で見るとそうでも無いです。
2010.09.19~20 093


ようやく小屋が見えてきました。
2010.09.19~20 116

小屋到着後テントを設営して、いざ爺が岳山頂を目指します。
その前に、西側にかっこいい山を発見し、そこで座りこんで昼食を採る事に。
南信州HIKER’Sお薦めのクレイジークリークを初めて山で使いました!
2010.09.19~20 125
使い心地最高です!!!有難う。南信州HIKER’S

あの山はなんていう山だろうと、しばらくそのかっこいい山を眺めていて、
・・・上り口の扇沢は黒部ダムへ向かう観光客で一杯だったなぁ・・・。
・・・あの形、『剣岳だぁーー!!』

爺が岳頂上で・・
2010.09.19~20 135
二人の間が剣

2010.09.19~20 163

ケルンの右側に険しい山肌を見せる剣

2010.09.19~20 139
少し目線を南へやるとそこには槍ヶ岳

北へ目をやると、鹿島槍ヶ岳
2010.09.19~20 146


そして、山小屋前のベンチで席を譲ってくれた東京(左)と大阪(右)のお兄さん
お二人は大学時代自転車で走りまくってたサークルに所属されていたそうで、
最近は山にはまっているそうです。今日は約2年ぶりに再会とのこと。
昨日から入山で、この日は鹿島槍まで往復8時間の旅を愉しんできたそうです。
・・そのコース良いですね。次回は僕らも試してみます。
2010.09.19~20 197
楽しいひと時を有難うございました。

深夜から雨模様。天気が良ければ針ノ木岳へ散歩の予定でしたが、
泣く泣く下山です。
2010.09.19~20 213

2010.09.19~20 250

無事下山しました。
登りは山小屋まで3時間半、そこから頂上まで約1時間くらい。
ちょっと物足らないくらいの感じでしたが、お手頃です。

さて、来月の連休はどこへ行こうか・・・。

PAGE TOP

山と渓谷10月号に 掲載されたっ! 

山と渓谷 10月号が本日発売となりました。
表紙 小

2ページに渡り、僕ら夫婦が掲載されました!!
味の素さん アミノバイタル 企画の一環で 田部井さん夫妻とご一緒させて頂けることとなりました。
昨年燕岳に登頂した際に撮影した写真を見て、ヤマケイの表紙をかざれたら・・・。
なんて冗談半分で奥様に話していたんですが・・・。
やはり口にしてみるものですね。
表紙は飾れませんでしたが・・・。
目標は達成されたんではないかと思います。
全体

田部井さん夫妻を別アングルで
tabei syou

お花畑で写真撮影です。
花畑 小

笑顔で写ってますが、沢山の登山者の合間をぬわなければいけません。『田部井さ~ん』って
握手を求められたりでなかなか人の切れ間が出来ません。待ち時間が長い・・。
mati.jpg

スタッフの皆さんと、中学生団体さんの下山待ちです。
2010.07.28  29 山と渓谷

『では~ この順番であがってきてくださ~い』スタッフの方のお声で順番にあがっていきます。
あれ?これって僕写ってるか?なんて思ってはいたんですが・・・
登り小
やっぱり ほぼ3人しか・・・。

おいっ 奥様~ かぶってませんか~
お茶少
これよ~!! 
やっぱりかぶってた~

記事に書いてありますリンパマッサージです
2010.07.28  29 山と渓谷


一泊二日で無茶苦茶楽しませて頂きました。なかなか出来ない体験をさせて頂いて
山と渓谷社さんにはホントに感謝です。
総勢9名の夜の飲み会は最高に楽しかったです。普段聞けないお話を山ほど聞かせて頂き、
熱いトークバトルやおなかが痛くなるほどの爆笑トーク。
最後は小屋のご主人が焼酎数本持ち込んで合流、皆でワイワイ飲み干しました。

それではそろそろ寝ましょうか~の後も 男性陣で一部屋に固まり2次会です。

あれほど楽しくて短く感じる山トーク飲み会は初めてでした。

記事にはほんの一部の内容しかうたわれていません。
田部井さんご夫妻の今までの経験を詳しくお伺いもしました。

昨年NHKで放送された、立山~ジャンダルムへ約20日間に及ぶ縦走ロケの裏話も。
政伸さんが途中で田部井さんの着替えをザックに入れて持っていった事や、カメラワークの
お話。   ルー大柴さんとも番組で一緒に登山されていましたが、しきりに
『やぶからスティックに~』(やぶからぼうに~)って言ってたらしく、
田部井さんもそれをしきりに使われてました。

自分達は新婚旅行でマッターホルンへ行ったという話ししてたら、
政伸さんはお若いときにあの上へ登ったらしいです。足に凍傷を負われたらしいのですが、
そんなお話も聞けて光栄でした。

またこんな機会があれば積極的に参加したいと思います。

何でもチャレンジですね。

最後に・・・
ヤマケイスタッフのお二人、博○堂のお一人、カメラマンさん、ライターさん、
山小屋の皆さん、田部井さんご夫妻、ホントに有難うございました。
またお会いできる事を楽しみにしております。(涸フェスなら会えますね。)

PAGE TOP

蝶ヶ岳へ行ってきました 

今日は特にご報告も無いので、今年登った山を綴ってみます。

7月に嫁と嫁妹夫婦と行って来ました。
上高地から徳沢へ

2010.07.16.17蝶ヶ岳 009

徳沢から長堀尾根を登って蝶ヶ岳へ
嫁と自分のザックです(自分をアピール)

2010.07.16.17蝶ヶ岳 155

翌朝のテン場はすがすがしかったです。
この景色を見ると山がやめられなくなります。
2010.07.16.17蝶ヶ岳 106

蝶ヶ岳の魅力はこの穂高連峰一望できる景観ではないでしょうか?
小さくて見難いですが、涸沢小屋の屋根がチラッと見えます。
2010.07.16.17蝶ヶ岳 126

気持ち良くお昼寝中だったので・・・
2010.07.16.17蝶ヶ岳 125

ちょっとした儀式!?をしてみました。(笑)
2010.07.16.17蝶ヶ岳 137

蝶ヶ岳から蝶槍方面へしばらくの縦走です。
穂高連峰、槍ヶ岳の大パノラマを見ながら、最高のおさんぽでした!
ここで飲んだコーヒーは最高でしたよ!!
2010.07.16.17蝶ヶ岳 166

ここから横尾への分岐に入り、横尾から上高地へ帰宅の途につきました。

蝶ヶ岳の景色は最高です。今回で3回目でしたが、何回行ってもまた来たいと
思います。

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。